QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

12月7日(土)OPAMフェスタイベント 
Nomad-Museum 紙のシェルターをめぐるワークショップ
「変身シェルター」をアートプラザで開催しました。

f:id:machinaka0407:20140305082920j:image:w360
スタッフから、OPAMフェスタイベントや
県立美術館 設計者の坂 茂氏の紙管シェルターについて話をしました。
その後、講師から今日の流れについて説明がありました。

f:id:machinaka0407:20140305083137j:image:w360
7色から自分が好きな色を選び、それをメインカラーとして
個人シェルターに好きな世界を描きました!
自分の色を作っている人もいましたよ!

f:id:machinaka0407:20140305083221j:image:w360
参加してくれたお友達は、自分で描いた個人シェルターの中に入り、
会場や外を歩いてみました。
すっかり、自分の世界を楽しんでいましたよ!

f:id:machinaka0407:20140305083309j:image:w360
全員で協力しながら、紙管シェルターを組み立てました。

f:id:machinaka0407:20140305083400j:image:w360
お友達が描いた個人シェルターを、虹の配色順に1つに
つなぎ合わせて、紙管シェルターを覆いかぶせます。

f:id:machinaka0407:20140305083452j:image:w360
「変身シェルター」の完成です!
身体いっぱいで楽しみ、坂 茂氏の紙管シェルターに
親しめるワークショップとなりました!

★リンク先★
県立美術館推進局

OPAMのお知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

建設現場を紹介します!

2013/09/04 Wed 04:00

夏休みも終わり、いよいよ新学期ですね。
今年の夏休みもたくさんの思い出ができましたか?

まちなか支局にも今年もたくさんの方が
遊びに来てくれましたよ!

さて、県・美術館推進局のホームページでは現場の進捗が
月ごとにアップされていますが
今回はもっと近づいて紹介したいと思います!

DSC07742.jpg

こちらは現場事務所からの風景です。
鹿島建設・梅林建設 建設工事共同企業体をはじめ
鉄筋工や型枠大工など様々な業種の人が働いています。
中ではいったいどんな作業をされているんでしょうか?

DSC07699.jpg

建設現場入口です。
奥にはオアシスひろば21が見えていますね。

DSC07702-2.jpg

ここには、現場に出入りするトラックのタイヤを
きれいに洗う機械が設置されています。
現場前の道路をキレイに保つためにとても大切な機械なんですよ!

DSC07707.jpg

続いて見えてきたのは鉄骨でつくられた仮設の橋(クレーン台)です。
この橋の上で大きなクレーン車が建設資材などを地下へおろす作業などを行っています。基礎工事現場では、地上で組み上げた鉄筋を地下約7mの現場におろし1つ1つ組み合わせています!

DSC07734.jpg

組み上がった鉄筋の周囲に板を組み立ています。
これはコンクリートを入れるときの枠で
名前は型枠(かたわく)といいます。
作業員さんたちより背の高い板ですね!

型枠を組み立てている現場の隣では
固まったコンクリートの上で鉄筋を組んでいます。
強度を保つため均等に鉄筋を並べる職人さんは凄いですね!


まちなか支局でも建設現場の様子を紹介しています。
みなさんぜひご覧ください☆




★リンク先★
県立美術館推進局

OPAMのお知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

8月18日(日)に
第1回 大分県立美術館建設工事現場見学会が開催されました!
午前中は小・中学生を対象に、午後は一般の方を対象に行われました。

遠く

午前の部は小・中学生を対象に行われ
みなさん暑い中ヘルメットをかぶり
現場の方々の説明を熱心に聞いていました。

シャベルカーに乗る子供

途中現場で使われている重機に試乗体験をしたり
型枠の切れ端を使って釘打ち・のこぎり体験をしたりと
現場のお兄さんに手伝ってもらいながら
普段できない体験をすることができました☆

船づくり

みんな暑いのによく頑張ったね!

説明

午後の部では地域の方や大学生など一般の方を対象に行われました。

午前の子どもたち同様ヘルメットをかぶり、現場内を見学していきます。
みなさんとても興味津々に話を聞いています。

バーナー

続いて鉄筋圧接のデモンストレーションの見学です。
勢いよく吹き出す炎に大きな歓声が上がります。
あんなに大きな鉄筋が接着するなんてビックリですね!

みなさん暑い中ご参加いただき、本当にありがとうございました。
次回の開催は12月ごろを予定しています。
今回とはまた違った工程が見学できますので、ぜひご参加ください!


★リンク先★
県立美術館推進局

OPAMのお知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

大分県立美術館は、平成25年4月の起工式以来、建設工事が
着々と進んでいます。
県では、県民の皆さんのリビングとして気軽に親しんでいただける
美術館をめざし、様々なイベントを予定しています。
その一環として、下記のとおり、
第1回大分県立美術館建設工事現場見学会を開催します。

日時:平成25年8月18日(日)
     ※雨天の場合は8月25日(日)
会場:大分市寿町 (iichiko総合文化センター向かい)

◇ 小中学生向け (10時~12時)
   対象者:小中学生 20名
   (保護者の参加も可能です。小学3年生以下は必ず保護者同伴とします。)

 ◇ 一般向け (14時~16時)
   対象者:高校生以上 一般 40名

詳細は以下をご覧ください。
第1回 大分県立美術館建設工事現場見学会 申込について

お申込み期間:平成25年7月17日(水)~8月5日(月) 必着
※1回の申込みにつき、2人までの応募とさせていただきます。

皆さまのご参加お待ちしています!

★リンク先★
県立美術館推進局

OPAMのお知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

大分県立美術館のシンボルマークが決定しました!

OPAM OM_P03_mark_130329
このシンボルマークは、県民とともに成長する美術館のイメージを象徴的に表現したものです。時代を超える普遍性を有すると同時に、親しみやすさを目指したデザインとなっています。


デザインは、グラフィックや空間デザイン、展覧会の企画など、さまざまな活動を展開されている「コミュニケーションデザイン研究所」の平野敬子さん、工藤青石さんが手掛けました。

OM_P11_mark+logo_A_130329.jpg
こちらはシンボルマークとロゴタイプを組み合わせたものです。美術館や展覧会の広報など、これから様々な場面で使用することとしています。

これから皆さん方に楽しんでもらえるようなイベントや、いろんなところに活用していきたいと思っております。

OPAMのお知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。