QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

4月10日(水)に、今年度1回目のサロントークを開催しました。
今回のテーマは「今年の芸館 ここが見所!!平成25年度 展示予定作品解説」でした。

加藤講師から、県立美術館建設と、それに伴う芸術会館の業務縮小についての説明から始まり、その後「大分は芸術家が多い」という話題に入り、時代を追いながら作品を見ていきました。


f:id:machinaka0407:20130410133728j:image:w360
まずは南画の田能村竹田から右田年英まで、計6名の作家、8作品が紹介されました。


f:id:machinaka0407:20130410134841j:image:w360
続いて日本画は計3名の作家、6作品を紹介しました。
福田平八郎の美意識や、高山辰雄との描く視点の違いについて説明があり、会場では熱心にメモを取る参加者の方が多かったです。

今回のサロントークでは、南画、日本画、工芸、洋画、彫刻の計18名の作家、25作品を紹介していただきました。
参加してくださった方も興味を深めていただける内容で、今年度芸術会館で行われる展覧会を鑑賞する際の楽しみが増えたのではないでしょうか。
子のサロントークをきっかけに多くの方々が芸術作品に興味を持っていただければ、私たちもとても嬉しいです。

イベント情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。