QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
開催日時:2014年9月5日(金)19時半~21時
場   所:県立美術館まちなか支局
参 加 者:21名

9月5日(金)に、大分県立美術館OPAM(オーパム)は大分朝読書コミュ二ティ"BunDoku"(ブンドク)とのコラボレーションイベント~あなたがアートを感じる一冊~を開催しました。平日の夜にも関わらず、多くの方にご参加いただきました!

普段は、ジャンルの制限なく「各々オススメ本を紹介する」場であるBunDokuさんですが、大分県立美術館OPAMとのコラボレーション企画ということで、「アートを感じる1冊」というテーマを指定していただきました。

挨拶1
1.初めに、BunDoku主催者から、BunDokuについての紹介と、会の進行について説明がありました。


全体2(OPAM×利岡コレクション入り)
2.参加者は4つのテーブルに分かれ、各テーブル毎にBunDokuのファシリテータが中心となり会を進行していきます。


④ー4
3.それぞれが持参した「アートを感じる1冊」について、自分の思い思いの気持ちを熱く語っていきました。


③ー1
4.「アート」を感じるポスターを持参している参加者もいました!みんな興味津々に見ていました。


IMG_9851.jpg
5.持ち寄った本を参加者同士で交換しながら、様々な感想を出し合いました。中には、メモを取りながら、「今度読んでみよう!」と話がはずんでいましたよ。

初めて会う参加者同士ですが、「アートを感じる1冊」を通して話を進めて行くうちに、お互い一気に距離が縮まったようです。


OPAMについて
6.最後に、大分県立美術館の副館長から、大分県立美術館の情報やまちなか支局にも展示している利岡コレクションについての説明がありました。


本の紹介1
7.「アートを感じる1冊」をテーマにすることで、小説や、図録、ポスター、漫画等様々なジャンルの出会いがありました。


ご参加いただいたみなさん。
九重町図書館からかけつけてくださった、司書さん、利用者のみなさん。
イベント開催中、「なにかおもしろいイベントをやっているね!今からでも参加できるかな?」と声をかけてくださった方々。
身近な生活の中にも、「アート」があることに改めてきづかせてくれたBunDokuファシリテータのみなさん。

ありがとうございました!

まちなか支局では、9月28日(日)まで「OPAM流読書のススメ」を開催しています。
期間限定の"まちなかアート図書館" で、プロがおすすめする芸術本から気になる1冊を見つけ、本を通してアートを楽しみませんか?
まちなか支局でお待ちしています。

check!
アート情報を随時更新中!↓↓↓

大分県立美術館OPAM公式HP
「まちなかがアートに染まる秋」
ぜひご覧ください!

.
ワークショップ開催報告 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。