QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
県立美術館まちなか支局のワークショップが、臼杵中央公民館で開催されました。

布と戯れる ~ボワンボワンでいこう~

集まったのは元気の良い4歳から小学生4年生まで、30名のAコースです。
就学前の子どもは保護者と一緒に参加しました。

保護者を含め、凡そ50名の参加者は、10m四方もある巨大な布に出会ってビックリ!

布の端をもって、皆で小さく上下に揺らすとさざなみができます。大きく揺らすと大波です。布の上にのっかってみると、まるで雪の中?雲の中?順番に歩いたり、転がったりしました。次は布を膨らませ、中に入りました。さらに外からその動きを見るとまるで不思議な生き物のようにも見えました。中では外から透けて差し込む光が綺麗です。

布と戯れる
布と戯れる ▲クリックすると拡大します。

後半は、巨大ビニール袋(のおばけ?!)が登場! そっとたたくと布とは違った感触です。皆でボワンボワンと空中に押し上げます。最後に、布の上に巨大ビニールをのせ、皆で大きく揺さぶると、ふわっと浮きあがり「ワーッ!」と歓声が上がりました。

巨大ビニール袋登場
巨大ビニール登場 ▲クリックすると拡大します。



ザ・ピグメント~臼杵色をつくろう~

小学校5年生から大人まで、計20人が参加のBコースです。

まず、各自が持ち寄った土や石を並べると、家の庭の土、海岸の石、白い石、灰色の石、貝殻など形も色も様々です。
絵具の話と作業手順の説明を聞いてから、さっそく石砕き!鉄板の上に石をのせて、ハンマーでガッガッ!砕いた石の粉を乳鉢ですりつぶします。教室に擦り音が響きます。擦って細かくなった粉をさらに、目の細かい振るいにかけます。そうするとサラサラの美しい顔料が…。「わーきれい!」「もっとやりたい!」いろんな声が聞こえてきます。

石を砕き粉にする
石を砕き粉にする ▲クリックすると拡大します。

石の変化
石の変化する様子 ▲クリックすると拡大します。

描いた絵
描いた絵 ▲クリックすると拡大します。

今回は顔料に膠(にかわ)を混ぜて「今日の気持ち」を絵にしてみました。


.
ワークショップ開催報告 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。