QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

3月1日(土)に日出町にある二階堂美術館をお借りして、
日出中学校美術部の生徒さんと、日本画の模写に挑戦!

同美術館で開催中の企画展『四季を描く』の展示作品から、
二人の作家の作品を選び、描く素材も作品に習い、
絹本(けんぽん)、膠(にかわ)で溶いた顔料を用いて、本格的な部分模写を体験しました。
テーマは『季節を切り取ろう』です。

展示室でスケッチを行い、そのあと何度も展示室に足を運び、
色を確認して彩色します。

どれも素晴らしい部分を切り取り、素晴らしい作品に仕上がりました。
それぞれの季節が際立って感じられます。

生徒さんの作品は、3月23日(日)までまちなか支局でご紹介しています。
是非ご覧ください。

f:id:machinaka0407:20140308132939j:image:w360
学芸員の佐藤さんから展覧会についてのお話しがありました。

f:id:machinaka0407:20140308133007j:image:w360
展示室で熱心にスケッチをします。このスケッチが大切です。

f:id:machinaka0407:20140308133036j:image:w360
スケッチを絹に下書きしたあと、彩色します。

f:id:machinaka0407:20140308133114j:image:w360
いろいろな色を使います。これだけでもとてもきれいです。

f:id:machinaka0407:20140308133139j:image:w360
作品の完成です! お友達2つの季節を組み合わせ、鑑賞しました。

ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。