QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

平成25年12月21日に、県立美術館 まちなか支局で
ワークショップ for KIds「紙のジオラマを作って、すてきなプレゼントを贈ろう!」
を開催しました!
講師は大分大学の大学院生です。

f:id:machinaka0407:20131221134412j:image:w360
1.はじめに、みんなで自己紹介をしました。その後、講師から
活動の流れを説明し、立版古について説明しました。
題材作品である、福田平八郎の「海魚」を見て、どんな魚が
見えるか意見を出し合いました。

f:id:machinaka0407:20131221140945j:image:w360
2.次に、カッターの使い方を練習をしました。
刃の向きや定規の使い方、手の置き方などを講師が
丁寧に指導しました。

f:id:machinaka0407:20131221141605j:image:w360
3.参加者は、用意された原画から、パーツを切り抜いて、
いきます。ここでは、平八郎の描いた「海魚」のモチーフの形に
注目させます。

f:id:machinaka0407:20131221145311j:image:w360
4.絵のパーツを重ねる順番を考えます。
魚の位置(前後関係)を想像力を働かせて自分で決めます。

f:id:machinaka0407:20131221151259j:image:w360
5.奥から手前へとパーツを重ね合わせていくと作品は完成に
近づきます!
作品を贈る相手のことをイメージし、メッセージを書き入れます。
みんな、だれにプレゼントを贈るのかな?

f:id:machinaka0407:20131221154135j:image:w360
6.絵画が立体的で奥ゆきのあるジオラマに変身しました!

福田平八郎と、その作品「海魚」に親しむワークショップになりました。
なお、「海魚」は、現在、県立芸術会館で開催中のラストコレクション展に
出品中です。

ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。