QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

まちなか支局では2月28日(金)まで、誰でもワークショップ「とびだすデコレーションカードをつくろう」を開催しています!

用意した画用紙の中から好きな色を選び、少しハサミを入れるだけで
とびだすカードの出来上がり!
それに、フェルトや、ビーズ、などでアレンジすると
とても可愛いカードになりますよ。

来局時には、いつでも作っていただけますので
遊びにおいでください!お待ちしています!

f:id:machinaka0407:20140208190346j:image:w360

f:id:machinaka0407:20140213191553j:image:w360

スポンサーサイト
ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

2月のサロントークが、5日(水)にO-Laboで開催されました。
今回は、「大分の浮世絵師-歌川豊春を中心に-」という
テーマで、江戸時代から明治時代にかけて江戸(東京)、京都で活躍した
大分出身の浮世絵師について、芸術会館学芸主幹 古賀道夫が
お話しました。

歌川派の開祖とされる豊春は、様々な浮世絵版画、
浮絵(からくり箱を通して楽しむ立体的に見える絵)を始め、
晩年には優れた肉筆画の浮世絵を描いています。
彼の出生については諸説ある中で、この近年、大分の臼杵出身説が
高くなってきているそうです。
その理由を様々な文献から、丁寧に解説してくださいました。

また江戸時代、京都で活躍した豊後高田出身の吉原真龍や、
明治期に活躍した臼杵出身の右田年英についても作品スライドを
見ながら紹介があり、活躍の場が県外であったことから、
大分では余り知られていませんが、当時の浮世絵界を代表する
著名な作家たちが大分出身であることを知りました。

ちょうど先週まで大人のためのワークショップで、多色刷りに
挑戦してくださった方も今回ご参加頂き、改めて浮世絵(版画)の
奥深さを体験を通して知ることが出来た、と感想を述べて
くださいました。

浮世絵が、ぐん!と身近になった思いです。

なお、現在まちなか支局では、「版画多色刷りの楽しみ!」の
開催報告展を開催中です。是非お立ち寄りください。

f:id:machinaka0407:20140208174807j:image:w360


f:id:machinaka0407:20140208180108j:image:w360

イベント情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。