QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

1月22(水)から、県立美術館 まちなか支局では、
「工事囲いアート原画展」を開催しています。

工事囲いアートに応募のあった
21作品すべての原画(写真)を1月22日(水)~2月23日(日)
までの約1ヶ月間展示しています。
絵画、デザイン、写真、オブジェなど幅広いジャンルの
作品をお楽しみいただけます。

f:id:machinaka0407:20140125132154j:image:w360


ユニークで楽しい雰囲気の作品やあらためて大分の良さを
発見できる作品等、この21作品を多くの方にご覧頂ければ
と思います。
また、県立美術館 建設工事現場の仮囲いで展示している、
映像も放映していますので、合わせてお楽しみください!

現場では迫力ある作品を、そして、まちなか支局では
各作品についてのコメントもご紹介していますので、
作品にこめられた作者の思いもゆっくりご覧ください。

★リンク先★
県立美術館推進局

スポンサーサイト
まちなか支局の展示情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

1月18日(土)に大人のためのワークショップ
「版画多色刷りの楽しみ」1回目をO-Laboにて
開催しました。(今回は、全2回の講座です。)
「芸術会館ラストコレクション展(後期)」でも展示していた、
大分県の現在の臼杵市出身と言われている歌川豊春の浮世絵版画
「文読む男女」の部分(拡大)版画づくりに、6名が挑戦しています。

f:id:machinaka0407:20140118133015j:image:w360

浮世絵版画は、絵師、彫師、刷師の連携によって完成する当代の
風俗を描く風俗画です。
1回目は、芸術会館学芸員 古賀道夫による浮世絵版画のレクチャー
のあと、美術館推進局の木村典之の指導により、「彫る」ところまで
挑戦しました。

f:id:machinaka0407:20140118142425j:image:w360

多色刷りは、その色と同じ分だけ「版木」が必要です。
今回は、女性の顔部分を拡大して、5版に分けて(5色)
参加者で分担をしました。
作業は大きく、1 部分を決める⇒2 その部分をトレース(写す)する
⇒3 それを板に反転させて転写⇒4 そして彫るだけ・・・
一見するとなんだか、簡単そう・・・。
な・の・で・す・が!トレースには細かい部分もありますし、
小学生以来となる彫刻刀との戦いは思いのほか
難しそう!みなさん黙々とただひたすらに「職人」
になって励んでいました。

f:id:machinaka0407:20140118145104j:image:w360

f:id:machinaka0407:20140118150706j:image:w360

次回2月1日(土)は、まちなか支局でこの版を「刷る」
作業となります。参加者の皆さんは、芸術会館で展示していた
「文読む男女」本物を次回までに見て、その「色」を
確認するようにアドバイスを受けていました。
髪の生え際の繊細な「彫り」や「刷り」も
ポイントのようです。

出来上がりは、まちなか支局でもご紹介予定です。
「まちなか工房」(!?)での浮世絵版画制作、みなさんも
ご期待ください!!

ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

3月12日(水)に、今年度10回目となるサロントークを行います。
今回のテーマは「黒田官兵衛だけじゃない!中津のアートシーンについて」です。
今年、黒田官兵衛で沸く中津市は、芸術家も多く輩出したところでもあります。
素晴らしい作品を所蔵する美術館について、担当学芸員にお話いただきます。
詳細は以下の通りです。

「黒田官兵衛だけじゃない!

中津のアートシーンについて」


日 時:平成26年 3月12日(水) 13:30~14:30
場 所:O-Labo(ガレリア竹町商店街内 まちなか支局より徒歩すぐ)
講 師:吉川和彦氏(中津市木村記念美術館 学芸員)
対 象:一般
定 員:15名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
参加費:無料
申込方法:お電話又は、直接まちなか支局にて、イベント前日までにお申し込み
       ください。定員に達し次第締め切らせていただきます。
       (電話 097-560-0407)
       水曜日~日曜日 11時半~18時半
       ※月曜日、火曜日、祝日は受け付けできません。
        (ただし、祝日が、土、日の場合は開館)

★リンク先★
県立美術館推進局

ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

2月5日(水)に、今年度9回目となるサロントークを行います。
今回のテーマは「大分の浮世絵師-歌川豊春を中心に-」です。
現在の臼杵市出身と言われる、浮世絵師歌川豊春をご存知でしょうか?
芸術会館が所蔵する浮世絵コレクションについてご紹介します。
浮世絵の奥の深さに触れてみませんか?
詳細は以下の通りです。

「大分の浮世絵師-歌川豊春を中心に-」

日 時:平成26年 2月5日(水) 13:30~14:30
場 所:O-Labo(ガレリア竹町商店街内 まちなか支局より徒歩すぐ)
講 師:古賀 道夫(芸術会館 学芸員)
対 象:一般
定 員:15名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
参加費:無料
申込方法:お電話又は、直接まちなか支局にて、イベント前日までにお申し込み
       ください。定員に達し次第締め切らせていただきます。
       (電話 097-560-0407)
       水曜日~日曜日 11時半~18時半
       ※月曜日、火曜日、祝日は受け付けできません。
        (ただし、祝日が、土、日の場合は開館)

★リンク先★
県立美術館推進局

ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

1月21(火)から県立美術館 建設工事現場の仮囲いで
第3期「工事囲いアート」が始まりました!

f:id:machinaka0407:20140120141830j:image:w360

今回は、大分県在住または大分県出身の大学生、短期大学生、
専門学校生、一般の方を対象に作品を募集し、21作品の
応募がありました。
その中から8作品が選ばれ、仮囲いパネル(現場の周囲を覆っている
パネル)に、約幅3m×高さ2mの大きさで拡大し、展示しています。

f:id:machinaka0407:20140120142940j:image:w360

4月中旬まで展示していますので、
迫力ある作品を是非ご覧ください。

また、県立美術館 まちなか支局では、1月22日(水)から
2月23日(日)まで応募のあった21作品すべての原画(写真)を
展示しています。
各作品について作者のコメントもご紹介していますので、
作品に込められた作者の思いも一緒にお楽しみいただけます。
まちなか支局にもおいでください。

★リンク先★
県立美術館推進局

OPAMのお知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

新年最初のサロントークが1月8日(水)にO-Laboで開催されました。
今回は、1月26日(日)まで芸術会館で開催中の「芸術会館ラストコレクション展(後期)」の
観どころについて、同館学芸課長の加藤康彦がお話しました。

f:id:machinaka0407:20140108132940j:image:w360

テーマは、「比較と連想」です。
新しい美術館のコンセプトでもある「出会う」をキーワードに、
県所蔵の展示作品をさまざまな西洋の作品と見比べながら、鑑賞の楽しさ
のヒントをいただきました。

たとえば、大分県の現在の臼杵市出身といわれる、浮世絵師歌川豊春の
素晴らしい「観梅図」を、サンドロ・ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」
と見比べたり、福田平八郎の代表作「水」をグスタム・クリムトの
「生命の樹」と並べてみたり・・・と、一つの作品を観て、
何か他の絵やモノを連想する面白さを提示してくださいました。
音楽を連想してみても面白いかもしれませんね。
参加者の皆さんからは、「県所蔵の美術品や美術館への
興味が深まった」「新しい美術の楽しみ方を知った」と
大変好評でした。

「芸術会館ラストコレクション展(後期)」は、いよいよ26日(日)までと
最終週に入りました。
25日(土)には学芸員による展示解説もあります。
みなさんも、「比較と連想」をしながら、作品を楽しんでみませんか?

なお、次回のサロントークは、2月5日(水)にO-Laboにて「浮世絵」をテーマに
開催します。

芸術会館ラストコレクション展

ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

まちなか支局では、新春 誰でもワークショップ 「PASS THE おみくじ」を
開催しています!

f:id:machinaka0407:20140108171807j:image:w360
平成26年1月、まちなか支局に突然『幸運おみくじ社』が現れました!

ここのおみくじを引いた人は、これから1年、とっても幸せに
過ごすことができるのだとか!?

そして、おみくじを引いた人は次に引く人のために、自分だけではなく
まわりの人の幸せを願い、その思いを『幸運おみくじ社』専用のおみくじ用紙に
かいて、おみくじ箱に投入してください。

かき方は自由です。言葉や絵などを用いて、引いた人が幸せな、ホッコリした
気持ちになれる素敵なおみくじをつくりましょう!
あなたの心温かいメッセージがみなさんに届きますように!

ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

平成25年12月21日に、県立美術館 まちなか支局で
ワークショップ for KIds「紙のジオラマを作って、すてきなプレゼントを贈ろう!」
を開催しました!
講師は大分大学の大学院生です。

f:id:machinaka0407:20131221134412j:image:w360
1.はじめに、みんなで自己紹介をしました。その後、講師から
活動の流れを説明し、立版古について説明しました。
題材作品である、福田平八郎の「海魚」を見て、どんな魚が
見えるか意見を出し合いました。

f:id:machinaka0407:20131221140945j:image:w360
2.次に、カッターの使い方を練習をしました。
刃の向きや定規の使い方、手の置き方などを講師が
丁寧に指導しました。

f:id:machinaka0407:20131221141605j:image:w360
3.参加者は、用意された原画から、パーツを切り抜いて、
いきます。ここでは、平八郎の描いた「海魚」のモチーフの形に
注目させます。

f:id:machinaka0407:20131221145311j:image:w360
4.絵のパーツを重ねる順番を考えます。
魚の位置(前後関係)を想像力を働かせて自分で決めます。

f:id:machinaka0407:20131221151259j:image:w360
5.奥から手前へとパーツを重ね合わせていくと作品は完成に
近づきます!
作品を贈る相手のことをイメージし、メッセージを書き入れます。
みんな、だれにプレゼントを贈るのかな?

f:id:machinaka0407:20131221154135j:image:w360
6.絵画が立体的で奥ゆきのあるジオラマに変身しました!

福田平八郎と、その作品「海魚」に親しむワークショップになりました。
なお、「海魚」は、現在、県立芸術会館で開催中のラストコレクション展に
出品中です。

ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

平成26年1月4日(水)から、プレイバック“OPAMフェスタ”展
を開催しています!

昨年、12月4日(水)~15日(日)のOPAMフェスタ期間中に開催した、
トークイベントや、ワークショップ、美術館建設工事現場見学会の様子を
写真や、映像などでご紹介しています。

f:id:machinaka0407:20140104183931j:image:w360


f:id:machinaka0407:20131204144401j:image:w360
12月4日(水)~15日(日)開催:
紙のシェルターをめぐるワークショップ 「ランプハウスプロジェクト」

f:id:machinaka0407:20140104184038j:image:w360
12月7日(土)開催:
紙のシェルターをめぐるワークショップ 「変身シェルター」

f:id:machinaka0407:20140104184937j:image:w360
平成25年12月15日(日)開催: 美術館建設工事現場見学会

OPAMフェスタに参加いただいた方も、参加いただけなかった方も、
このプレイバック展で一緒に振り返ってみませんか?
お待ちしています!

まちなか支局の展示情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

新しい年、平成26年がスタートいたしました。
大分県立美術館のオープンまで残すところ、1年余りとなり、
まちなか支局も、より多くの皆様に訪れていただける支局を目指して
楽しい企画・いち早い情報をお届けしていきます。
今年もまちなか支局、当ブログをよろしくお願いいたします!


新年最初の展示として、平成26年1月4日(土)から、
舞鶴高校美術部「あったかホーム  なつかしきふるさと大分」展を開催しています!

f:id:machinaka0407:20140105133604j:image:w360

これは、平成25年12月14日(土)に、コンパルホール市民プラザで開催した、
OPAMフェスタイベント 紙のシェルターをめぐるワークショップ 「ミュージアム・イン・シェルター」で
大分県立大分舞鶴高校の美術部の生徒さんが制作した作品をご紹介しています。

f:id:machinaka0407:20140108180518j:image:w360
                         2年 大崎 実登さん 「大仏」


f:id:machinaka0407:20140105152551j:image:w360
                     1年 後藤夢実さん  「関アジ・関サバ」


f:id:machinaka0407:20140106175649j:image:w360                               2年 但馬浩介    「姫島の海老」

ドライポイントという版画の技法を用いて表現した、
「大仏」「関アジ・関サバ」「姫島の海老」など
大分県内の名所・名物を16点展示しています。

f:id:machinaka0407:20140108151143j:image:w360

f:id:machinaka0407:20140108151352j:image:w360

f:id:machinaka0407:20140108190244j:image:w360

制作過程や、制作方法も写真やボードでご紹介しています。
また、ワークショップ当日の映像も放映しています。
どの作品も、とても精密で、大分の名所を描いた作品は自分が行ったかのように、
また、名物は「美味しそう!食べたい!」と思う作品ばかりです。

f:id:machinaka0407:20140104185306j:image:w360

この版画作品展を見ながら、一緒に大分の名所・名物を味わってみませんか?
高校生の大分への思いが込められた、この版画作品展は、1月19日(日)まで
開催しています。皆さまのお越しをお待ちしています!

まちなか支局の展示情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。