QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

可愛い店番現る!!

2013/01/24 Thu 04:22

7月・9月はまちなか支局に緑丘高校の生徒さんの作品を展示していました。
大きな親子しろくま、賑やかなオブジェ、覚えているでしょうか。
過去の記事はこちら!
しろくま
オブジェ

またまた可愛いお客さんがやって来ました。今度はネコちゃんです。
支局の入り口でお店番をしてくれています。
f:id:machinaka0407:20130124145350j:image:w360f:id:machinaka0407:20130124145335j:image:w360

威風堂々とした佇まい、しっかりと外を眺めています。
後姿もとても可愛くておすすめなので、見たい方はスタッフに一言声をかけてください。
こちらの作者は、大分県立芸術緑丘高校2年生の川野香央里さん、タイトルは「猫と階段」です。
こちらの作品は3月頭まで展示予定です。(期間未定)
支局の近くへお越しの際は、ガラス越しに見るだけではなく、ぜひドアを開けてお立ち寄りください!
お待ちしております。


★リンク先★
県立美術館推進局

スポンサーサイト
支局のお知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

1月19日(土)に、墨絵のワークショップを開催しました。
墨絵のワークショップは6月にも行いましたが、その時は子ども限定で色紙に模写をしました。今回は大人も子どもも参加でき、作品を飾る掛け軸も作りました。

f:id:machinaka0407:20130119130855j:image:w360
本日の題材となる田能村竹田の「梅花宿鳥図」のレプリカを展示し、生い立ちや墨絵とのかかわりなどをお話ししました。


f:id:machinaka0407:20130119133421j:image:w360
墨の濃淡で表現するので、3段階の濃さの墨を用意しました。筆も中筆と面相筆の二つがあり、本番の前に練習をしました。筆や墨の使い方、折れ線・直線・曲線、ペンで描くのとは違った難しさがあります。


f:id:machinaka0407:20130119141558j:image:w360
下書き模写をしたものに、色を付けていきます。水彩絵の具とは違う、岩絵の具などの本物を使います。使用するのは4色です。
色を付けるとまた絵の表情が変わってきます。滲んだ感じや淡い感じが難しいです。


f:id:machinaka0407:20130119143637j:image:w360
墨絵を飾る掛け軸も手作りをします。簡単な材料で本格的な掛け軸の完成です!作品にさらに趣がでてきます。


f:id:machinaka0407:20130119151751j:image:w360
できた!!立派な作品に仕上がりました!


墨絵というと白黒の世界を想像しがちですが、このように色がついたもの、お花や動物を描いたものなど、様々な世界があることを知っていただけたらと思います。
家で筆と墨を用意して絵を描くことはなかなかないことなので、とてもいい体験になったのではないでしょうか。
こちらの作品は、1月いっぱいまちなか支局の2階に展示しています。一般の方の観覧も大歓迎なので、ぜひ皆さんの作品を見に来てください。
展示の様子はこちら!
f:id:machinaka0407:20130122173956j:image:w360


★リンク先★
県立美術館推進局

ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。