QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

11月17日(土)に、「世界に一つだけのメダルをつくろう」のワークショップを行いました。
始めにスライドを使って本日のテーマとなる人物、日名子実三の人物像や、彫刻やメダルなどの制作作品の紹介を行いました。
f:id:machinaka0407:20121013055415j:image:w360


粘土を練って、メダルの形に形成します。
なかなか力がいるなぁ・・・
f:id:machinaka0407:20121117015114j:image:w360


その粘土に自分の指の型を取ります。これによって、世界に一つだけの証となりました!!
その他にも、ペンのキャップや割り箸、釘などを粘土に押し付けて模様を作り、デザインしていきます。
f:id:machinaka0407:20121013063408j:image:w360


石膏を粘土の型に流し込み、固まるのを待ちます。
もうすぐ世界に一つだけのメダルができあがります。

石膏が固まり、粘土型を外すと立体感のあるメダルのできあがりです。
指の型もばっちりと浮き出し、自分だけのオリジナルのメダルが完成しました!
f:id:machinaka0407:20121013072920j:image:w360
自分で作ったメダルは、金メダルと同じくらい輝いてみえますよ。


リンク先
県立美術館推進局

スポンサーサイト
ワークショップ情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。