QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
灯籠ワークショップ

県立美術館まちなか支局で、灯籠作りを体験してみませんか?作った燈籠は、3月21日(土)、22日(日)の「大分ヒロガルシティ」プロジェクトメインイベントにて飾られる予定です。

皆様のご参加をお待ちしております♪

詳細はこちら↓
大分南蛮灯籠制作ワークショップ

--------------------------------------------------------------------

大分南蛮灯籠制作ワークショップ
in県立美術館まちなか支局


【開催日】2015年2月22日[日]
【開催時間】AM11:30 ~PM18:00
【場所】県立美術館まちなか支局
大分市中央町1丁目5-2(竹町ドーム広場内)




.
スポンサーサイト
ワークショップ開催報告 | コメント(0)
O_end
▲“O”オブジェの染まった様子

新生・大分県立美術館【OPAM】の頭文字「O」に、
“つながる・広がる・輪になる”の思いをのせて。

 
10月1日(水)にスタートし、約3か月続いた参加型アートプロジェクト「結んでつないで~OPAMの輪」。12月25日(木)をもって終了しました。たくさんの皆さんのご参加により、オブジェ全体がオレンジ色に暖かく染まりました。本当にありがとうございました。

このオブジェはガレリア竹町に引き継がれることとなりました。今後も商店街のイベントなどで登場するかもしれません。

県立美術館も、このオブジェ同様、多くの方とつながり、驚きや共感の輪がどんどん広がっていくように、しっかり開館の準備を進めています。
今春のオープンをどうぞご期待下さい。


この3か月を振り返りたい方はこちら↓
参加型アートプロジェクト「結んでつないで ~OPAMの輪~」ご案内
参加型アートプロジェクト「結んでつないで ~OPAMの輪~」後半ご案内


.




.
ワークショップ開催報告 | コメント(0)
開催日時:2014年12月21日(日) ①14時~15時半 ②15時半~17時
場   所:県立美術館まちなか支局
参 加 者:16名

12月21日(日)に、大分県立美術館OPAM(オーパム)は『ファブラボ大分』とのコラボワークショップ、「クリスマスカードをつくろう!」を開催しました。多くの方にご参加いただきました!


報告書1
1.初めにまちなか支局のスタッフからOPAMについての告知と、ファブラボ大分のスタッフからはファブラボや3Dについての説明がありました。

報告書2
2.参加者はファブラボ大分の専門スタッフ指導のもと、シールのデザインを作成していきます。

報告書3
3.ファブラボ大分が用意した、シート(5色)から自由に色を選びます。

報告書4
4.自分でデザインしたオリジナルのシールを、カッティングマシンで作っていきます。

DSCF5025.jpg
5.カッティングマシンで作成した、クリスマスデザインのシールが完成しました!次に、まちなか支局が用意したカードに貼っていきます。

報告書5
6.カードにシールを貼り、クリスマスカードを作っていきます。「OPAM×ファブラボ」のスタンプも刻印しました。

報告書6ー2
7.クリスマスカードの完成です!イベントの記念に写真をお持ち帰りいただきました!

報告書6
▲イベント当日、ファブラボ大分が用意した3Dプリンター。トナカイのオーナメントを作りましたよ!

ファブラボ
▲参加者へのプレゼント♪(3Dプリンターで作成したトナカイのオーナメントと、レーザー加工機で作成した写真立て)

寒い中、イベントにご参加いただいた方々。ファブラボ大分のみなさん。ありがとうございました!

年内のまちなか支局でのイベントは、これで最後となります。来年もまちなか支局では、楽しいイベントをご用意しております。是非、遊びにおいでください。お待ちしています!

.
ワークショップ開催報告 | コメント(0)
10月27日(月)19時30分から、ガレリア竹町商店街にあるO-Laboで、日頃お世話になっている竹町商店街の方々を対象に「OPAM勉強会」を開催しました。平日の夜にも関わらず、21名のご参加いただきました。

報告書使用①
1.初めに、主催者のガレリア竹町商店街を代表して木下さん(メガネの正視堂)から今回の勉強会の主旨について話があり、県立美術館ができることを、商売に前向きに結びつけようとの呼びかけがありました。

報告書使用②
2.大分県立美術館の徳野副館長から、大分県立美術館がオープンするまでのみちのりや、現在の進捗状況について話がありました。

報告書使用③
3.次に、県立美術館まちなか支局のスタッフがプロジェクターを使いながら、県立美術館の各階フロアの配置や開館時間、閉館時間、休館日、また観覧料やOPAMのおすすめスポット等、基本情報を中心に説明しました。みなさん、勉強会の資料を見ながら熱心に聞いてくださいましたよ。

報告書使用④
4.徳野副館長から、大分県立美術館を設計した坂茂建設設計や、大分県立美術館館長、そして、OPAMのシンボルマークをデザインしたコミュニケーションデザイン研究所の説明がありました。
また、美術館に作品を収蔵する郷土作家についての話もありました。その後、開館記念展と誕生祭についてお知らせしました。

報告書使用⑤
5.商店街の方から、展覧会のチケット売り場(商店街で売買はできないか)、入場者数の見込みの根拠等について質問がありました。これに対して、チケット売り場の検討、他県の美術館の初入場者数状況等を回答しました。
その後、美術館についてさまざまな意見が飛び交い勉強会は終了しました。

ご参加いただいた商店街のみなさん、ありがとうございました!

大分県立美術館は、来春4月24日(金)にオープンします。今後も、いろいろなご意見やお声をまちなか支局にお聞かせください。まちなか支局でお待ちしています!

-----------------------------------------------------------
【場所】県立美術館まちなか支局
    大分市中央町1丁目5-2(竹町ドーム広場内帆船モニュメント北側の店舗です)
【開館時間】AM11:30〜PM6:30

check!
アート情報を随時更新中!↓↓↓

大分県立美術館OPAM公式HP
「まちなかがアートに染まる秋」
ぜひご覧ください!


.
ワークショップ開催報告 | コメント(0)
新生・大分県立美術館【OPAM】の頭文字「O」に、
“つながる・広がる・輪になる”の思いをのせて。
 

大分県が誇る竹工芸品、その素材の美しい「竹」を用いて、みなさんと一緒に作品を制作する参加型アートプロジェクト、お陰様で前半が無事終了しました。

10月8日(水)~10月13日(月)に参加してくださった方たちです。本当にたくさんの方に参加して頂きました。ありがとうございました。
参加者10月6日~12日B
参加者10月6日~12日A

このアートプロジェクトはまだまだ続きます。11月20日(木)よりiichiko文化総合センター2Fの美術館につながるペデストリアンデッキ横に作品を設置します。作品は皆様が毛糸を結びつけることによって更に繋がっていき、初めて完成します。皆様の引き続きのご参加、お待ちしております。

詳しくはこちら↓
参加型アートプロジェクト「結んでつないで 〜OPAMの輪〜」のお知らせ
※チラシにて“11月初旬よりスタート”と掲載しておりますが、日程が11月20日に変更となりました。ご了承ください。

check!
アート情報を随時更新中!↓↓↓

大分県立美術館OPAM公式HP
「まちなかがアートに染まる秋」
ぜひご覧ください!





ワークショップ開催報告 | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。