QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
県庁本館一階玄関ホールに芸術会館特設ギャラリーが設置されています。県立芸術会館が収蔵する絵画や彫刻、磁器などの美術作品を観ることができます。

展示作品が新しくなりましたので、ご紹介します。

まずは、絵画作品です。
娘の肖像2
▲クリックすると拡大します。

保田善作「娘の肖像」(1924年制作)
こちらは受付案内横でご覧いただけます。

続いて、小鹿田焼 「飴釉打掛け文雲助」(制作年不詳)です。
小鹿田焼き
▲クリックすると拡大します。

こちらは2015年4月中旬まで展示をしています。
このほか、県立図書館と県立病院の2ヵ所でも、同様に作品を展示しています。

■県立図書館(2階)
江藤純平 「白樺の森」
佐藤敬  「婦人像」

■県立病院(中央待合ホール)
宇治山哲平 「やまとごころ」

お近くにお出かけの際は、是非お立ち寄りください。

----------------------------------------------
●大分県庁舎(本館1階ロビー)
大分市大手町3-1-1
TEL:097-536-1111

●大分県立図書館(2階)
大分県大分市大字駄原587-1
TEL: 097-546-9972

●大分県立病院(中央待合ホール)
大分市大字豊饒476番地
TEL:097-546-7111
----------------------------------------------



.
スポンサーサイト
まちなかアート情報 | コメント(0)
県庁本館一階玄関ホールに芸術会館特設ギャラリーが設置されています。県立芸術会館が収蔵する絵画や彫刻、磁器などの美術作品を観ることができます。

10月6日から展示作品が新しくなりましたので、ご紹介します。

まずは、絵画作品です。
片多徳郎
▲クリックすると拡大します。

片多徳郎「秋果図」(1929制作)
こちらは受付案内横でご覧いただけます。

続いて、ブロンズの作品、日名子実三「女性」(1932制作)です。
日名子実三
▲クリックすると拡大します。

このほか、県立図書館と県立病院の2ヵ所でも、同様に作品を展示しています。

■県立図書館(2階)
荒井 龍男 「すうぶにいる」
宇治山 哲平  「蓮」

■県立病院(中央待合ホール)
吉田 嘉三郎 「海魚図」
菅 一郎 「菊」


3ヵ所の芸術会館特設ギャラリー、お近くにお出かけの際は、是非お立ち寄りください。


----------------------------------------------
大分県庁舎(本館1階ロビー)
大分市大手町3-1-1
TEL:097-536-1111

収蔵作品はこちらでもご覧いただけます↓↓↓
◎県立図書館・県立病院「芸術会館特設ギャラリー」展示作品のご紹介

check!
アート情報を随時更新中!↓↓↓

大分県立美術館OPAM公式HP
「まちなかがアートに染まる秋」
ぜひご覧ください!
まちなかアート情報 | コメント(0)
前回、県庁本館一階の芸術会館特設ギャラリーに展示している芸術会館の収蔵作品をご紹介しました。
このほか、県立図書館と県立病院の2ヵ所でも、同様に作品を展示していますのでご紹介します。

■県立図書館(2階)
高田力蔵  「別府大観」
松尾哲巨  「金池風景」

■県立病院(中央待合ホール)
藤本東一良「ノルマンデイの浜」

こちらは2014年10月5日(日)まで展示をしています。
お近くにお出かけの際は、是非お立ち寄りください。


----------------------------------------------
大分県立図書館
〒870-0008 大分県大分市王子西町14番1号
TEL: 097-546-9972

----------------------------------------------
大分県立病院
〒870-8511 大分市大字豊饒476番地
TEL:097-546-7111/7112




check!
アート情報を随時更新中!↓↓↓

大分県立美術館OPAM公式HP
「まちなかがアートに染まる秋」
ぜひご覧ください!

.
まちなかアート情報 | コメント(0)
県庁本館一階にある芸術会館特設ギャラリーでは、県立芸術会館の収蔵作品が展示されています。

場所は玄関ホールで、絵画や彫刻、磁器などの美術作品を観ることができます。さっそく、現在(8月初旬)展示されている美術作品をご紹介していきたいと思います。

まずは絵画のご紹介です。

江藤純平「オリーブと海」(1978制作・112.2×145.5)
こちらは受付案内横でご覧いただけます。

オリーブと海3
▲クリックすると拡大します。

続いて、河合誓徳「揺らぎ」(1997制作・5.4×63.0×37.3)

揺らぎ2

揺らぎ1
▲クリックすると拡大します。
こちらは磁器の作品です。

まちなか支局では県立芸術会館の収蔵品のご紹介をパネルで掲示していますが、美術作品自体の展示はありませんので、この機会にぜひ本物を間近でご覧になりませんか?


----------------------------------------------
大分県庁舎(本館1階ロビー)
大分市大手町3-1-1
TEL:097-536-1111



収蔵作品はこちらでもご覧いただけます↓↓↓
◎県立図書館・県立病院「芸術会館特設ギャラリー」展示作品のご紹介



check!
アート情報を随時更新中!↓↓↓

大分県立美術館OPAM公式HP
「まちなかがアートに染まる秋」
ぜひご覧ください!


.
まちなかアート情報 | コメント(0)

まちなか支局では、大分県内の美術館・博物館を
順次訪問して皆さまにご紹介しています。

f:id:machinaka0407:20140204132548j:image:w360
今回は、2月4日(火)に、「別府市美術館」を訪問しました。


f:id:machinaka0407:20140302081940j:image:w360
美術館に入ると別府湾が一望出来ます。
眺めがとてもいいですね!

f:id:machinaka0407:20140204140312j:image:w360
美術館を案内してくださったのは、学芸員の本山 薫さん。
当館や展示している絵画について、その歴史や背景等も
とても分かりやすい言葉で丁寧に教えてくれました。

本山さんが、当館で一番のお気に入りという梥本一洋(まつもといちよう)
「ほととぎす」(絹本着色)

百人一首の藤原実定の歌
「ほととぎす 鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる」
を描いている絵とのことで、この歌の静かな情景が浮かんで
くるようでした。

f:id:machinaka0407:20140204144115j:image:w360
(1階 展示室1 洋画・彫刻)

1階展示室1では、洋画・彫刻を展示しています。
展示室2では、別府現代絵画展を、そして生活文化・歴史資料展1では、
昔使っていた生活用具等の展示をしています。

f:id:machinaka0407:20140204141118j:image:w360
(2階 展示室3 別府アジアビエンナーレ)

2階展示室では、別府アジアビエンナーレで
日本を含むアジア諸国からの応募作品の中から選ばれた作品や
日本画、郷土作家、漫画、竹工芸・書を展示しています。
また、生活文化・歴史資料展2では貨幣等を展示しています。

f:id:machinaka0407:20140302075310j:image:w360
(2階 展示室4 日本画)

f:id:machinaka0407:20140302075144j:image:w360
(2階 展示室5 郷土作家)

f:id:machinaka0407:20140302070837j:image:w360
(2階 展示室6 漫画)

漫画の展示室では、大分県佐伯市出身の漫画家 富永一朗の描いた、
作品を展示していました。

f:id:machinaka0407:20140302070920j:image:w360
手塚治虫のサインも見つけました!
1984年 別府市美術館の開館式にも出席したそうです!

f:id:machinaka0407:20140302071951j:image:w360
別府市美術館には、社会科見学で別府・日出の小学生
3・4年生が毎年1000人来館するとのことで、お礼の
手紙が廊下にたくさん貼っていましたよ。

地元の小学生にも愛され、また、県外からも来館者の多い
別府市美術館に是非足を運んでみませんか?
幅広いジャンルの作品から、きっと、自分のお気に入りが
見つかるはずですよ!

★リンク先★
県立美術館推進局

まちなかアート情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。